ワイルドジャングルカジノスマホ」タグアーカイブ

ザック・ウォードとバーニー・ニコルズは、毎日カジノファンタジースポーツを楽しむ

DraftKingsとFanDuelのジョン・オリバーのカバレッジがオンラインカジノファンタジースポーツの影響として、最初の週で250万人以上の意見を収集した(DFS)内破は、ホールドを取りました。 裁判所に提出された内部のDFS政策文書は、彼らが競合するウェブサイトにたくさんのお金を獲得するべきでない従業員に助言しました。

ESPNはDraftKingsが故意に連邦法に違反している可能性を示唆している内部基板の分を報告しました。ファンによって新たに提出された集団訴訟は、違法賭博を促進恐喝スキームに参加して、それらを非難RICO訴訟で、とりわけ、ビザ、マスターカード、アメリカン・エクスプレスに名前を付けます。とりわけ、恐喝のために被告として別のフロリダの訴訟名DraftKingsとFanDuel、NBA、MLSとともに、MLBとNHLの関連会社、様々なメディア企業と銀行と支払プロセッサ。以上の36の訴訟は、わずか6週間で提起されています。

一方、DraftKingsはデビッドBoies、国のトップの法的才能の間違いなく1を保持しています。バックチャンス引数、ニューヨーク司法長官が法廷で勝つために勝つために必要はありません戦い対スキルに会話をシフトしようとしていることに加えて、BoiesはFanDuelとDraftKingsワイルドジャングルカジノスマホのを稼動させていたという事実を強調するために迅速です年間のニューヨークで、潜在的に、彼らはこれまでにキャッチされていないので、それは行動のため手遅れことを意味しています。

「DraftKingsとFanDuelジョン・オリバーのビデオが意見を収集しているとほぼ同じ速見出しを収集している、 “でスカットFarkusを演じたベテラン俳優ザック・ウォード、言った「クリスマスストーリー。」 「私が意味する…私はこのすべてを最新に保つために個人秘書を雇う必要があるかもしれません。毎日のワイルドジャングルカジノスマホのファンタジースポーツベッティングは、ニューヨーク、期間中に死んでいる。それはなぜ彼らは数年間があったことは問題ありませんか?司法長官は、彼が前に行動を取らなかったという理由だけで違法賭博に目をつぶることになっていますか?同じロジックで、警察は速度制限が65である場合に毎時90マイルを行く車を停止し、ちょうどそれらがあることを継続させるべきではありません他のみんなへの脅威彼らは最初の5マイルに巻き込まれていないため。それは完全にばかげてナンセンスです。」 NHLの伝説バーニーニコルズ氏ウォードビューをエコーします。

「それは角を曲がったところだような日常ワイルドジャングルカジノスマホのファンタジースポーツベッティングの死が見ていて、私は助けるが、これは良いことであると考えることができない、 “ニコルズは言いました。 「ファンは。チームを、それがあるべきように自分の好きな実世界のチームの応援ではなく、異なるの選手のミッシュ・マッシュを応援し、競合に戻っDraftKingsを行くことができるとFanDuelは太陽の下で、その瞬間があった、彼らはトンを詰め込むことにしました私たちの喉下に不愉快な広告のではなく、その製品を合法化し、正当化する作業。しかし、あなたはスポーツを破壊からギャンブルを維持することはできません、毎日の幻想は明らかにギャンブルであるため、私は、彼らは選択の余地がなかったとします。

しかし、我々は選択肢を持っていますか。 ” 2015年10月8日には、ウォードは、間違ったパスと右のいずれかに私たちを下車するカリフォルニアのスポーツの整合性の保護改正(SIPA)を後援しました。 「これは私がそれを見る方法です…リーグは現在、法廷で自分自身を守るためにお金、時間と労力を費やしてしまうだろう、 “ウォードは言いました。

「企業自身と一緒に彼らのDraftKingsへの投資とFanDuelは同じドレインを下に移動します。「ファンの婚約、「あなたはスポーツ、依存症の問題と解決できない整合性の問題のギャンブルの癌を得るの少しのために。それは「wasnかのようにtは十分な、あなたは恐喝のために裁判所に訴えられると、それはワイルドジャングルカジノスマホのスポーツに来るときあなたの評判が打撃を受ける。私は昔ながらのストレートアップ男だ。スポーツが一緒に動作するように、難しくしようとする、より多くのように私たちを鼓舞に私たちは現実に夢をオンにすることができると信じて。

それがそのように滞在する必要があります。SIPA、ファン、選手、リーグ、およびカリフォルニア州の利益になるスポーツの取引のための繁栄の規制市場を作成します。これがためのWin-Winのです誰も。 ” ニコルズは同意します。 「ロサンゼルスキングスによって起草されていると10年以上カリフォルニア家と呼ばた、私は人々と国家のための本当のソフトスポットを持っている、 “ニコルズは言いました。

「私は状態のための新しい経済を作成するにはSIPAとヘルプの仕事の一部とすることができると思うするには絶対的な名誉である。私はカリフォルニアが世界初のスポーツ株式市場の家でなければならないと信じて、私は何をします私が結集ためにできること公共と私たちは現実SIPAを作るために必要なサポートを得ることができます。」

サイエンティフィックゲームズコーポレーションは、流動性が高く、すでに四半期ごとのコストを1億ドル以上削減していると述べました。同社は、これらの困難な時期に最大限の柔軟性を提供するために、回転信用枠の下で約4億8000万ドルを引き出しました。当社は、これらの借入からの手取金を手持ちの現金(2020年3月31日現在で約2億ドル)と組み合わせると、業界が回復し始めるときにビジネスを強化する機会を利用できると考えています。同社が82%の持分を保有するSciPlayも、2020年3月31日時点で約1億3,000万ドルの手元に現金があり、未払いの債務がなく、回転信用枠の下で利用可能な1億5,000万ドルの強力な流動性ポジションを持っています。

同社は、すでに実施している運用および資本コスト削減対策と、現在実施している追加の対策により、第2四半期の四半期コストを1億ドル以上削減すると予測しています。時間と給与の削減、ファロー、および強制力の削減を含む、会社が実施した労働力コストの削減により、第2四半期に5,000万ドル以上のコスト削減が見込まれ、第2四半期の資本支出は約5,000万ドル削減されると見込まれます以前の計画よりも。 2020年全体では、当社は現在、資本支出が2億1億〜2億400万ドルになると予想しています。当社は、その他の営業費用の削減を含む追加のコスト削減イニシアチブを計画しており、それによりさらなる潜在的な節約が可能になります。

サイエンティフィックゲームズのCEOであるバリーコトルは、次のように述べています。「業界が回復し始めたときに、当社をさらに強力な競争相手に位置付けることができるように、引き続きコストを削減しています。宝くじ、iGaming、スポーツ賭博、土地ベースのカジノなど、ワイルドジャングルカジノスマホにより未来に向けて革新を続けています。業界全体および世界中の顧客にサービスを提供する当社のビジネスの多様性は、これらの困難な時代において私たちに独特の強みをもたらします。」